忍者ブログ

魚の頭とズルファ式

何年たっても尸良が好き。 どんなに好きって、そりゃー尸良をいじめたいというのが、本音です。 まぁ、そんな少数派な感じの人が好き放題でテキトーに描いています。 でー…今は、もうちょっと給料のいい所を目指す予定で勉強中です。 いやー、しばらく絵もマンガも書けないです。勉強の話ばかりになるかもしれません。 ううう、ごめんなさい。

試験が終わった。確実に落ちた。

……束の間の自由。


えーと、尸良が主人公で、全世界に供給できるような映画の脚本を考えてみます。
(しかもなぜかハリウッド)


………ぬぅう…、主人公は練造にするしかない。……しばらく考えた結論がソレでした。

悪い人が悪いことをしまくる話だと、なかなか感情移入が難しい。

あと、尸良さん視点のストーリーだと、R18。

よほどイントロが上手くないと、展開に誰もついていけないような気がしました。

永遠の0みたいに上手くないと、見ている人が入っていけない。たぶん。

ええ、マイノリティ中のさらに少数派、マイノリスタ(←今作った)の石鯛がいうくらいだから

きっとそう。


江戸版スーサイドスクワッドな展開だとしても、変死体を作る過程があったらやっぱダメかなーと。
過程は2回が限界かな。

ワールドワイドな配給と収益を考えると、

……練造視点で、ワイルドな変態さんを描写するのが確実かなーと。


ぎりぎりの最後まで、この世の理不尽の全てを象徴するような感じで。


で、犬に食われながらひっくり返して、ちょっとイイ話にする感じかなぁ。



映画って難しいな、「収益」という言葉が出た時点でひよるw、本質外すなぁw。

この世のどこからもオファーの無い石鯛ですら、すでにブレブレ。
PR

コメント

プロフィール

HN:
isihidai fugu
性別:
非公開

P R