忍者ブログ

魚の頭とズルファ式

何年たっても尸良が好き。 どんなに好きって、そりゃー尸良をいじめたいというのが、本音です。 まぁ、そんな少数派な感じの人が好き放題でテキトーに描いています。 でー…今は、もうちょっと給料のいい所を目指す予定で勉強中です。 いやー、しばらく絵もマンガも書けないです。勉強の話ばかりになるかもしれません。 ううう、ごめんなさい。

テキストで轟沈する

テキストの最初の単位系のところで、すでに轟沈してしまった。

頼みの綱の、ゼロから始まるシリーズの最新版も、参考書としては微妙な感じ。

しかたがないので、テキストの方を繰り返し読み込んでいる。

あーもー、それしかないんだよねぇぇ。(苦笑)


去年が、工業高校ならば、今年は工業系の専門学校みたいな感じがする。

といっても、友達が勉強していた建築士のテキストも、難解だったな。

あれもちょっと見たくらいじゃ、ちっともわからなかった。


これくらいならいっそ、溶接の講習へ行った方が気が楽だったかも。

そしたら、会社で鉄の処女をつくるのに。まぁ、作ったら問題になるか。

いや、ドール用の鎧とか。無難に売れそうなものをこっそり作る…。

(需要はあるのだろうか?あっ、銃刀法に違反しない長さのミニチュア刀とか

…いやいや…刀鍛冶じゃないから、できないか。

金属の光沢感がいるか。ただのぺかっとしているんじゃだめだよな。

みんな目が肥えちゃったし……)

叩いて整形するような道具はあるんだよなー。

歴史ある工具室だから。とりあえず、木工、鉄と加工はできる感じ。

あんま細かい作業用の道具はないけどなぁ。


やっぱり、なんか、鍛冶屋とか鋳掛屋とか、職人を人生の選択肢に

入れていなかった自分が憎い。(あうう、例えがマイナーすぎ、せめて漆器塗りか?)


一生やり続けて、一生食っていけるような技術、ずっとやれる気合……。

ないもんなー自分。

続けるっていうのがもう難しい。



配電盤の点検が、案外(顧客がついていれば)食っていけると、学校で教えてほしかった。

まぁ、数回らないといけないんだろうけどなぁ。

うん、ただの愚痴だ。
PR

コメント

プロフィール

HN:
isihidai fugu
性別:
非公開

P R