忍者ブログ

魚の頭とズルファ式

何年たっても尸良が好き。 どんなに好きって、そりゃー尸良をいじめたいというのが、本音です。 まぁ、そんな少数派な感じの人が好き放題でテキトーに描いています。 でー…今は、もうちょっと給料のいい所を目指す予定で勉強中です。 いやー、しばらく絵もマンガも書けないです。勉強の話ばかりになるかもしれません。 ううう、ごめんなさい。

とりあえず友達に愚痴をこぼしてみた。

なかなか細かい計算が全く合わなくて、自分にがっかりしているところに友達が来た。

つい、試験に対する苦情を述べてしまった。

”もー、誤差が尋常じゃないんだ、算数ができないんだ、なんで禁電卓なの??”

そうだよね、今時携帯にだって電卓ついてるよね。

などと言ってくれた。


いや、…そのいまどきみんなが持っている携帯すら持っていないんだよね。


そういや、人々が携帯すら使えない状態ってどんなんだ?

やっぱ、20m以上深いところのダイビング中で窒素ハイとかで使えないとか。

高熱とか、高放射線量とか、計器も凍る極寒か。どちらかというと、生死に関わる

困難状態…救急車の中で運ばれている最中か?そんなんで計算する状況を想定した試験なのか?

停電すぎて、なんか世紀末救世主伝説な世界とか…。

うう、試験の意図がわからん。こんなんやっぱ電卓つかわしてーーー。




友達の話だと、試験の体制が昭和基準。ということらしい。

建築士だと電卓は使えるが、製図の試験は手書きだそうで……。

今時どんな事務所でもCAD使ってるしーだそうだ。

確かにそうだろうなー。PC使うよな……。



昭和基準と言われて納得はしたが、石鯛の計算力は向上していない。

まっくらだ。
PR

コメント

プロフィール

HN:
isihidai fugu
性別:
非公開

P R